テンガロン?ウエスタン?フェルト?覚えておきたいハットの種類

テンガロン?ウエスタン?フェルト?覚えておきたいハットの種類

現在、日本で我々が目にする多くの帽子は、ヨーロッパやアメリカ大陸で誕生したものです。人類は、紀元前には既に帽子のようなものを使用し、暑さや寒さをしのいでいたと考えられています。その後はヨーロッパ、そして日本でも、帽子は階級を表す目的などで使われました。
 
日本における伝統的な帽子というと「冠」や「烏帽子」、そして「笠」などを思い浮かべます。しかし、これらは帽子というよりも「ヘッドギア」という感じですね。しかも、現在の日本において、日常生活でこれらの伝統的ヘッドギアをかぶっている人はほとんどいないでしょう。
 
現代の日本でかぶられている多くの帽子は、文明開化により海外からもたらされました。ボーラーハット(山高帽)は、文明開化により上流階級の人々の間で広まりました。昭和に入ると、庶民の間にも帽子は広く普及していました。この頃にはストローハットや中折れハットを愛用する人々が多く見られました。
 
中折れハットは「フェルトハット」と呼ばれることもあります。中折れハット自体、かなり漠然とした呼称なので、帽子にあまり馴染みのない方は、いったいどんな帽子のことを指しているのかわからないという人も多いようです。ちなみに一般的な中折れハットは、クラウンの頂上部分に窪みがあり、その中央が、つまみ上げたように盛り上がっているものです。
 
また、日本では「テンガロンハット」という言葉もよく耳にします。テンガロンはウエスタンハットの一種ですが、日本ではその名称が一人歩きして、カウボーイがかぶるような帽子のすべてが「テンガロンハット」と呼ばれそうな雰囲気すらあります。
 
以上のように、日本における帽子の呼称はとても曖昧なものです。今回は、この曖昧な帽子にスポットを当て、これらの帽子が本当はどういうものなのかを追求していきます。

テンガロンハット

ウエスタンハット